« 散歩。 | トップページ | 家庭訪問。 »

2009.05.05

バイバイ。

Image365

引越しのお手伝い。
私の実家のお引越し。
13歳から26歳まで過ごしたお家。
青春時代?(笑)を過ごした場所がなくなるってのは、
何となく複雑な気持ちですね…
引越しと言っても、移ったのは、ココから徒歩1・2分の所。
地元が阿倍野に変わりはナシ!!笑

写真は(古くてキレイじゃないので恥ずかしいけれど)
私と妹の部屋。本当は、扉でわかれてるんだけど、左が私の部屋。
泣いたり笑ったり怒ったり?したお部屋。
2度目のさようなら。
1度目は結婚した時。
今回は、本当にお別れ…

« 散歩。 | トップページ | 家庭訪問。 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

aya*

ふふ。懐かしいと思ってもらえる人が、
家族以外にも居てるって何か嬉しいわ~

>突き当りにベッドがあって、左側にTVと本が並んでた?

そんな時もあった。
ベッドの位置や他の配置は、実は頻繁に変わっててん
こたつはあったよー!
こたつに入って、クリスマス当日に、
ayaのセーター仕上げるの手伝ったことがある!
それは、大学生で夜やったわ~。笑

>私は、家に行くたびにモモに吠えられるねんなー。

そうやったっけー?!
1度見た人には吠えない犬やったけど、何故か、
いつまで経っても、kameにもずっと吠えてたような気がする…笑

>小さな中庭みたいなのがあって、「ここにニワトリおったんやな~」って思ったり。
(コレ間違ってる???)

あったあった。ニワトリもおった!!
このニワトリ、ニワトリのくせに飛ぶねんな
庭にあった柿の木にとまってるニワトリ…
塀を越えて路地に逃げ出したり。
私は、鳥駄目で、よう捕まえへんかった…
毎朝、コケコッコーって鳴くし、近所迷惑やったやろう…
夜店でつったひよこが、まさか、ニワトリに成長し、
その後も、何年も飼うことになろうとは、誰も思ってなかったと思うわぁ…

>2階って、畳の部屋もあった?

あったよ。そっち広くて、よくソコでも話したと思う。
けど、のちにそこは、弟の部屋になったわ。
いろんな話したした。今でもしてるけど。
少女時代なんて、「恋ばな」以外に話すことなんてないもんなー。笑
今とは大違い!
そう考えると、私たちって、歳取ったよな。涙

>でも、アキヨとしては引っ越しても阿倍野にかわりないっていうのは、ちょっとホッとするね。

そうやね。
そこまでなくなっちゃうと、自分が何処から来た人間か
ちょっと分からなくなるね。
本当は、中1までいた生野にも、少しは郷愁の念があっても
いいはずやねんけど、何故か、あそこにはないねんな…
あの時代の思い出の中の色は、何でか全部がグレーやねん
恐ろしい地域やったわ。苦笑
親も知らんことやけど、ホンマに嫌な目にいっぱい合った。
基本、私が強かったり、人の本質を見極めるのが得意やったりするのは、
ある意味、この子供時代の経験のお陰かも?!笑

うわっ、懐かしっ
突き当りにベッドがあって、左側にTVと本が並んでた?
こたつもあったから、冬かなー。
そんな配置やったっけ?
ホンマ、懐かしい。
20年ぶりに見るアキヨの部屋やわ。
1階とかも思い出してきたわ。
私は、家に行くたびにモモに吠えられるねんなー。
小さな中庭みたいなのがあって、「ここにニワトリおったんやな~」って思ったり。
(コレ間違ってる???)
学校が終わって遊びに行かせてもらったり、上に書いた冬の思い出はなんでか
夜やわ。ってことは、大学生かなー。
2階って、畳の部屋もあった?
そこで話してるような記憶もぼんやりと・・・。
ホンマ、いろんな話したなーーー。
・・・って、まぁほとんど「恋ばな」か
なんかこの部屋を見たら、どわーーーっとこの頃のことを思い出したわ。
アキヨの実家がココじゃなくなくのは、なぜか私も無性に寂しいわ。
実家って、そういう場所なんやろなー。
でも、アキヨとしては引っ越しても阿倍野にかわりないっていうのは、ちょっとホッとするね。

ちくわっち*

大丈夫!
スケボーで来れるよ。
ちくわ宅からの距離は、全く変わらない。
むしろ若干近くなるか?笑
けど、やっぱり、寂しいけどなぁ…

えええええ  
実家アソコじゃなくなるの・・・ 
さびしい・・・
スケボーで、行かれへん  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイバイ。:

« 散歩。 | トップページ | 家庭訪問。 »