« サングリア。 | トップページ | 小指が… »

2011.11.10

最近読んだ本②

__

 ・そうか、もう君はいないのか 城山三郎
 ・暗闇の速さはどれくらい エリザベス ムーン
 ・天国までの百マイル 浅田次郎

「そうか、もう君はいないのか」
うーん・・・直ぐ読める短い本。
作者の亡き妻との出会いから別れまでが描かれている。
夫婦愛に感動すべきなのだろうが、どちらかと言うと、
第二部の娘さんが書かれた文の方に、少しホロッと来た。
こんな夫婦が良いと言うよりも、こんな夫婦の元で育った
子供たちって、きっと幸せなんだろうなぁと思った…

「暗闇の速さはどれくらい」
自閉症の治療が実現している近未来が舞台。
自閉症ルウの視点から描かれた物語。
小説としては、面白いと思うけど、色々考えさせられる。

「天国までの百マイル」
めっちゃ泣いた。笑
凄いストーリー展開とかそんなんじゃないねん。
めっちゃシンプルなお話。
でも、結構前半部分から泣いてたわ。
登場人物の”母”を、どうしても、自分に置き換えて
しまったり…だって、同じ4人の子供が居てね…
将来、自分がこの”母”と同じ様な状況になった時に、
4人の内、どの子が、この主人公の様になるだろう??
誰もなれへんかったら?!とか…笑
想像しながら読んだりした。
感動!!とは違うねん。
なんとなく、ほんのり良かった。かな。

« サングリア。 | トップページ | 小指が… »

book」カテゴリの記事

コメント

odecoちゃん*

めっちゃ読んでるよー(◍•ᴗ•◍)♡♬
今もねっ!

細川ガラシャ夫人、どうやったか
読み終わるの楽しみに待ってるー♡

めっちゃ読んでるなぁ。

細川ガラシャ夫人読んでます

夜寝る前のひと時。。
すぐに寝てしまうけど

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ本②:

« サングリア。 | トップページ | 小指が… »