« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013.02.21

2月お菓子教室

 
カフェモカ・シトロンとピザ
 
今日も、楽しかった~!
美味しかった~!
喋り過ぎた~!
 
月一やめられない。大切な時間。
住高仲間と!
 
りんりん、キムチありがとう‼
今日の進展具合とやっさんの披露宴
の話、次回楽しみにしてま~す!
 
 
 

2013.02.10

happy birthday !

 
 
 
 
2月8日、娘5歳になりました♡
何故か、ケーキするのを忘れられて
いた、1月10日で10歳になった次男
も一緒にお祝いしました(笑)
 
娘、アレからもう5年も経つんだねぇ…
ここまでよく育ったもんだ。
ご存知の方もいらっしゃるかと思い
ますが、ウタの出産時は、忘れられ
ない、今でも思い出したらゾッとす
る壮絶なものでした。(長くなりそう。
知ってる人はスルーして!笑)
 
あの日、8ヶ月に入ったばっかりの日。
夜中に突然破水。
えっ?!チョット待って!
まだ出て来たらアカンはず。
えー!どうしよー!
ジャバジャバ羊水出て来る!
コレはヤバイ!
早く病院行かなくては!
でも、立ったら尋常じゃない程出る。
だ、誰か呼ばないと!
這うよに電話に向かって電話しようと
するねんけど、パニックになってるの
か、思う様に押せない。
やっとこさ架けれても、誰も出ない。
そらそうやわな。午前4時やもん。
何度かTRYして、やっと出てくれたの
は、隣の子だけ(笑)
「シゲちゃん…ゴメン…パパが出張で
…」って、そこまで言ったら
「分かった!直ぐ行く!」と何かを
察知して飛んで来てくれた(笑)
で、車で病院へ運んでくれた。
私、股にバスタオル挟んで、シゲちゃ
んの車汚れないか心配しながら(笑)
その後連絡ついた妹に、家に残した上
3人を託し…阿倍野からこっち着くま
で、彼らが起きないことを祈りつつ…
そう、パパは、その日海外出張に旅立
ったばっかりで当分帰らない予定でした(笑)
 
病院に着いて、ヤッパリまだ肺が出来
上がってないから、今出すのも危険。
かと言ってお腹の中に置いておける最
終リミットも後2日。
と言う訳で、首と手以外、全く動かせ
ない状態で2日間。
覚悟はしていて下さいと言う言葉と
一人ぼっちの不安と残して来た子供
たちの心配との中でひたすら耐える。
色んな人たちからの励ましメールだけ
が支えだった。
 
2日後、羊水がほぼゼロに近いので、
このまま置いておくのはもうムリと
言われ帝王切開。
4回目にして、初めての帝王切開。
憧れの帝王切開だったが、コレがまた
辛かった。コレなら、普通分娩の方が
ずっといい。どちらにしろ、お産は
命がけだとよく分かった(笑)
そして、まだまだ、パパは海の向こう(笑)
 
手術は無事終わり、産まれたコは、
手のひらサイズ1500gしかない、
小さな小さな赤ちゃん。
今回は、また男やったら、立ち直れな
いわと、性別はずっと聞かずに来てま
した。だから、産まれた時、事情を知
っている助産師さんの最初の言葉が、
「ヒラキさん!姫やでー!」でした(笑)
私はまたまた、アタマしか動かせない
状態で、この時破水後初めて、緊張が
解けたのか、号泣した。
でも、上がみんな3600gと大きかった
から、ウタを見た時は、生きてイケる
とは思えないない、小さ過ぎて触るの
も怖い。可哀想で泣けて来た。
 
その後、一ヶ月入院が続いた頃、ウタ
さん突然急変!別の病院へ、救急車で
緊急搬送!その日の内に、緊急手術と
なりました。申し訳なさでいっぱい。
けど、手術は上手く行き、そのまま、
更に1ヶ月入院し、偶然にも、本来の
出産予定日に退院。
ふたつの病院が、第二の子宮やと
思っています。
 
二ヶ月間、毎日毎日、上のチビたち
連れて授乳に通った。二つ目の病院
へは、車で、40分かけて、毎日通っ
た。小学校の毎朝の登校付き添い役も
1年やった。幼稚園児と未就園児抱え
て、ホンマに、分刻みで動いた。
あの1年の大変さは、もう1回やれと
言われでも、多分もうムリ。
どいやって毎日こなしてたかわから
ない(笑)
 
とまあ、長なったけど、ウタさん
元気に育ってくれてありがとう(笑)
 
最後まで読んでくれた人
(おるんかな?笑)、もしいたら、
ありがとう。すみません!笑
 
 
因みに次男は、ちょー楽なお産。
長男が難産だったので、拍子抜け
するくらい(笑)
ケーキも、忘れられるし、真ん中て
そういう役回り?笑
 
 
 

2013.02.09

’13発表会

 
 
保育園、発表会~!
ウタ、ニワトリ~(笑)
 
体育館、バリ寒ー